メリット・デメリット

シェアハウスと一般賃貸のあれこれ、具体的に比較してみました。あなたならどちらを選ぶ?

本当にオトク?シェアハウス

シェアハウスは「アパートでの一人暮らしに比べるとオトク!」なんて言葉をよく耳にします。とは言え、具体的に何がどうオトクなの??ひと目でわかるように、一般的な横浜駅周辺の賃貸物件と、シェアハウスでのいろんな費用を具体的に比較してみました。シェアハウスは当社のシェアハウスと比較しています。是非参考にしてみてください。

初期費用

まずは初期費用を比較してみます。一般賃貸でもシェアハウスでも気に入った物件を見つけたらまずは申し込みをします。そのときにかかるのが、初期費用です。一般賃貸とシェアハウスの初期費用を比べてみました。

家賃46,000円の場合※一般賃貸の初期費用は一般的な相場として算出しています。

一般賃貸 シェアハウス
敷金 46,000円 15,000円(※清掃費用として)
礼金 46,000円 0円
仲介手数料 46,000円 15,000円(事務手数料として)
前家賃 46,000円 46,000円
火災保険料(2年間) 15,000円 0円(共益費に含む)
共益費 0円 12,000円
合計 199,000円 88,000円

※退去時の清掃費用として15,000円前払いで頂戴しております。


敷金や礼金は物件によって差はあるものの、およそ2倍の差がでました。一人暮らしをされる学生さんは、親御さんの負担が少なくて助かりますね。

引っ越し準備費用

次に引っ越しに伴う費用を比較してみます。引っ越し先も決まったし、さぁ次は引っ越し準備!家具に家電、一人暮らしに必要な家財用具は結構たくさんあります。一般賃貸とシェアハウスの引っ越し準備費用を比べてみました。事例は最も安いランクのものを新品で用意した場合です。

一般賃貸 シェアハウス
冷蔵庫 20,000円 0円
洗濯機 20,000円 0円
エアコン 50,000円 0円
電子レンジ 8,000円 0円
炊飯器 5,000円 0円
ガスコンロ 15,000円 0円
ベッド 10,000円 0円
寝具 5,000円 5,000円
カーテン 3,000円 0円
収納用具(棚、ハンガーラックなど) 5,000円 0円
食器類(コップ、茶碗、お箸) 1,000円 1,000円
引っ越し代 30,000円 30,000円
合計 172,000円 36,000円

およそ5倍の差が出ました。家具家電付きのシェアハウスは用意するものも最小限でOK。商品を選ぶ時間やお金も節約できて、これぞシェアハウスで暮らすメリットですね。ちなみに、自身で購入した家具家電は処分するにもお金がかかりますから、その分もお金が余計にかかることをお忘れなく。

毎月の固定出費

最後に毎月かかるコストを比べてみましょう。いくら初期費用や引っ越し準備費用が安くても、毎月かかるコストが多かったらシェアハウスを選ぶ意味がありませんよね。一般賃貸とシェアハウスの固定出費を比較してみました。事例は、横浜でできるだけ節約している場合です。

一般賃貸 シェアハウス
電気代 3,000円 0円
ガス代 4,000円 0円
水道代 3,000円 0円
食費(米代) 1,000円 0円
雑費(トイレットペーパー、ゴミ袋) 500円 0円
インターネット代 5,000円 0円
共益費 0円 12,000円
合計 16,500円 12,000円

※光熱費は年平均です。


光熱費や通信費が共益費に含まれているシェアハウスはやっぱり強いですね。オリーブワークスのシェアハウスはお米が食べ放題なので、どうぞたくさん食べてしっかり節約してくださいね。

結論

一般賃貸 シェアハウス
初期費用 199,000円 88,000円
引っ越しの準備費用 172,000円 36,000円
毎月の固定出費 16,000円 12,000円
合計 387,000円 136,000円

やっぱりシェアハウスは「オトク」でした!

Copyright(c) 2016 oLiveWorks LLC. All Rights Reserved.