業者のクマさん、そしてJAF

目がかゆい、そして痛い。

コンタクトが汚れているのかと疑っていたが、娘2号の目も真っ赤だったので、花粉のせいだと判明(;_;)花粉よはやくおさまれ!

昨日の続きです。

約束の時間が過ぎても現れない業者さん。見積もりで一度ハウスまで来てもらってるし、道に迷うはずもないしなぁ。と思っていたら、なんだか外でエンジンを吹かす音が鳴り響いている。ガレージの所までは来てるのかな?

階段を下りてみると・・・

車ーーー!!!崖っぷちーーー!!!!!Σ(゚Д゚)

なんと業者さんの車が隣地との崖っぷちにいました(^^;)

あわてふためく業者さん。聞けば坂でタイヤが片方浮いてしまって、前に進むにもバックするにもにっちもさっちも動けなくなってしまったらしい。エンジンふかしてもふかしても、タイヤは空回りするだけ・・・。なるほど、ぶおんぶおんは、その音だったのね。年代物の軽自動車ゆえ、そうなってしまったのか、と頭をかかえる業者さん(;´Д`)

このままだと隣地に車が落っこちて、お隣さんに大迷惑をかけてしまう。あたしも頭をかかえます(*´Д`)

ここは早急にJAFに来て頂くのが賢明と判断し、業者さんにJAFを呼ぶよう依頼。普段、車を運転しない私でも、車関連で困ったときはJAFでしょ!

20分ほどするとオレンジ色の作業服を着た隊員さん到着!ひとまず、ほっ。

状況を確認する隊員さん、と、頭をかかえる業者クマさん(←もう体型がクマさんだからクマさんと命名。※本人了承済み(笑))

隊員さんは運転席に乗り込み、まずは自力での救出を試みたが、タイヤはむなしく空回りするばかり・・・。この車にそれほどのポテンシャルがないことがわかり(車に失礼)、あえなく断念。

結局、ワイヤーで車をひっぱりあげるという手段が使われることになりました。

まずは電柱にワイヤーを固定。電柱までは高さがあるため、脚立をお貸ししました。

次に車にワイヤーを連結。適当な長さになるまで何度も調整してました。

そして手動により機械をキコキコ回す!電動かと思ったら手動なのね!!

キコキコ、クルクル。

するとほら!!動いた!!!タイヤ止めから50cmくらいは後退してます!!

人間のちょっとした力で車が動くとは。文明の力(゜o゜)

進み具合を何度も確認。

その後、運転席に乗り込む隊員。帽子を取って後ろを確認する姿が渋い。プロだわ~~~♪

無事、ガレージに車を格納することができました!やったー!\(^^)/

電柱担当の隊員さんもどうもありがとうございました!!!

結局車はJAFの手により1時間ほどで無事救出されました。お隣さんにご迷惑をかけることなく救出できて、ほんと安心しました。

このハプニングでクマさんにお願いしていた作業はあまり進まず、大部分が翌日に持ち越しとなりましたが、これもブログネタになったので結果的によかったと思います♪(よくないよ~¥(T_T)!byクマ)

思った通り、JAFならなんとかしてくれました。ありがとうJAF!!呼ばないに越したことないけど、また困ったときはよろしくお願いします!!!

にしても、シェアハウスの目の前でJAF出動の事態になるとは思ってもみませんでした~。軽の年代車で来る業者さんはくれぐれもお気を付けくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク